カテゴリー : アーティスト

■2012年9月22日(土・祝) 友川カズキ出演決定!!

■2012年9月22日(土・祝)

  夏の青い黄昏時に 私はあの細道を歩いていくだろう 
  小麦の穂にチクチク足を刺されながら
  その感触を確かめるように 
  そよぐ風を額に受け止め 言葉も発せず 
  ただ感じるままに 歩いてゆくだろう

  際限なく愛が込み上げてくる 
  遠くへ 更に遠くへ まるでジプシーみたく
  いつか出会うであろう彼女の歩調を夢に見ながらひとり 
  心を弾ませて歩いていこう

                     アルチュールランボー

『夏の感触 友川カズキ独演会』
opening act /KOJI(Vo,Gt,Harp)

*開場 : 18:00/開演19:00
*前売¥2,800/当日¥3,300 (共にドリンク代別途)

*会場/シャノアール(yokohama) http://chatnoir-live.com/wps

*チケット発売:E-mail→ inquiry@chatnoir-live.comまで、件名を「ライヴ予約 友川カズキ」とし、 ご予約人数、お名前、電話番号をご記入の上、ご送信下さい。

お問い合わせ:シャノアール Tel.:045-242-9784(18:00~22:00)

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1インペリアル横浜パークサイド104

[出演]

友川かずき(Vo,Gt)
詩人・歌手・画家・競輪愛好家・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者。
真に自立して生きることが忘れられがちな現代にあって、無頼詩人のロマンを奇蹟的に体現するアーティスト。


KOJI(Vo,Gt,Harp)

2008年、自主レーベルborderline recordsより「生存確認出張料」を発売。
ヨコハマ日ノ出町、黄金町、野毛などを中心に精力的にライブ活動を行う。
シュールさと生々しさを併せ持った歌詞、毒と唾を撒き散らす濁声。パンク・ブルース・演歌・シャンソン。説明不能の脳天内臓音楽。BGM不適音楽。

あがた森魚先生。

2011.1.9(sun) 「KOJI&Kawol Photo」


Photo by Mietch

素敵な写真をありがとうございます〜

Coeur de Pirate/「Coeur de Pirate」


Coeur de Pirate/「Coeur de Pirate」

弱冠21歳のSSW、Coeur de Pirate(クール・ドゥ・ピラート)のデビューアルバムです。

カナダで唯一、フランス語のみを公用語に定めているケベック州で生まれ育った彼女。
日本人が思うところのフレンチポップスに近いような気がします。

このアルバムに収録されているEnsembleという曲のPVがyoutubeにあったので載せておきますね。

うーん おもちゃ箱の中身を散りばめた音楽というか。
かわいいですね〜

また、今年3月に開催されたフランスの名誉ある第25回フランス音楽大賞2010(Victoires de la musique 2010)では、
デビュー・アルバム収録曲で昨年11月カナダでシングル・リリースされたシングル曲『Comme des enfants』で「最優秀楽曲賞」(Chanson de l’année)を受賞。(下記動画参照)

良い声だ。。

なかなか個性的なタトゥーをしているのもけっこう好きだったりします笑。

◎2010.8.1(sun)「黒色すみれ 単独演奏会~すみれピアノとシャンソンの夜~」

◎2010.8.1(sun)
「黒色すみれ 単独演奏会~すみれピアノとシャンソンの夜~」

open/18:30
start/19:00
お席代:2500円(+1ドリンクorder)

ご予約:
☆メール予約・・・chatnoir104☆gmail.com(☆のところを@に変えて送ってください)に件名を「黒色すみれ演奏会」とし、本文にお名前、人数、連絡先を記入。
☆電話予約・・・045−242−9784(シャノアール)

[出演]


■黒色すみれ(L→R )
YUKA(Vo,Acco,Pf)
SACHI(Vln,Pf)

かつて新宿にあった伝説の名曲喫茶「スカラ座」にて“ゆか”と“さち”が出会う。
その後、渋谷「青い部屋」での イベント(通称ロリパブ)をきっかけに『黒色すみれ』が誕生。
宝箱の中の小さなお人形さんが奏でる音楽は、クラシック、シャンソン、日本歌曲や大正ロマンを基調としながらも 古びることのないもの。それらに敬意を持ちつつ自分なりの「宝物」を作っている。
素敵なもの、可愛いもの、綺麗なものにいつも囲まれて生きていたい。
そんな乙女の夢と憧れを一番強く抱いているのは彼女達かもしれない。
そして、それらが合わせ持つ恐さや残酷さも同じ位愛しているのである。
それが、唯一無二の存在と世界観を持つ
ロリータ・クラシック・ユニット黒色すみれ。

この日はすごい夜になりそうです。
もう今からドキドキワクワクです。
シャンソンのナンバーも多く演奏していただけるかもです。

ぜひお越しください!
よろしくお願いします。

     

7月〜8月上旬のスケジュール 


◎2010.7.17(sat)
【詩織カルテットライブ】

*1st/19:40
*2nd/21:15
*charge/¥2000

Vo. 詩織
Vib.臼井麻意子
Pf.成田祐一
Ba.??
Dr.北澤誠


◎2010.7.18(sun)
[KOJI 投げ銭 ライヴ]

[開場]19:00
[開演]20:00
[チャージ]投げ銭!!(飲食代別途)
[出演]


■KOJI
2008年、自主レーベルborderline recordsより「生存確認出張料」を発売。
横浜を中心に精力的にライブ活動を行う。シュールさと生々しさを併せ持った歌詞を、芝居がかった歌い方で唸るスタイルは唯一無二。生と死の青白いマグマ、日ノ出町より逆流開始。


◎2010.7.24(sat)
「越路よう子 (From 越路姉妹)&ザ★エレガンツ リサイタル!!!」

19:00 open
1st  set 20:00〜
2nd set 21:00〜 
music charge/¥2500(飲食代別途)

[出演]

■越路よう子(Vo)



■庸蔵(Sax)



■阿部樹一(Pf)


予約:chatnoir104@gmail.com

※予約してくださった方には先着で何かいいことあります。


◎2010.7.25(sun)
「ゆうこ ソロコンサート~バラ色のカフェ In Yokohama シャノアール」

open/13:30
start/14:00

charge 4000/4500

[出演]

■ゆうこ(Vo)



シャンソンとの出会いは、1992年、京都。2001年、横浜のシャンソニエにてデビュー
東京、横浜、京都、神奈川県内、各地のライヴハウス、ギャラリー、カフェ等に出演
神奈川県立音楽堂「横浜シャンソン祭」に出演、「ヨコハマシャンソンフェスティバル」に参画
2008年ソロコンサート「バラ色のカフェ」でバンドネオン京谷弘司氏と共演
デビュー以前より、自主企画のソロライヴにこだわり、構成、演出、美術を含め、
シャンソン、アレンジ作品、ピアソラ作品、自作詞、オリジナル曲を、詩と語りによって
組み合わせたプログラムで、独自の「しゃんそん」の世界を創造し展開している。

■小林ちから(Pf)
東京生まれ、鎌倉育ち。クラシックからジャズ、ポピュラー、シャンソンと演奏のみならず作曲、アレンジ等、才能を発揮、幅広いジャンルで活躍。

全国各地でソロやトリオ等のライブコンサートを精力的に開催している。また、シャンソン界の大御所である芦野宏氏の専属ピアニストとしても絶大な信頼を受け、海外では2002年4月に「日仏親善芦野宏パリコンサート」に参加、同年10月にはニューヨークそして南フランスに招かれコンサートを開催。

2007年4月にはパリのホテルリッツにてソロコンサートを行い、現地のメディアからも高く評価される。

2008年6月、スイス・ローザンヌ市より招聘され、夏の音楽祭(FETE DE LA MUSIQUE)に参加、ローザンヌ・パレスにてソロコンサートを行い、オリジナリティ溢れる演奏を絶賛される。

心に響き渡る甘美な旋律と繊細な感性から生まれる艶やかな音色が魅力の実力派ピアニスト。


◎2010.8.1(sun)
「黒色すみれ 単独演奏会~すみれピアノとシャンソンの夜~」

open/18:30
start/19:00
お席代:2500円(+1ドリンクorder)

ご予約:
☆メール予約・・・chatnoir104☆gmail.com(☆のところを@に変えて送ってください)に件名を「黒色すみれ演奏会」とし、本文にお名前、人数、連絡先を記入。
☆電話予約・・・045−242−9784(シャノアール)

[出演]

■黒色すみれ(L→R )



YUKA(Vo,Acco,Pf)
SACHI(Vln,Pf)

かつて新宿にあった伝説の名曲喫茶「スカラ座」にて“ゆか”と“さち”が出会う。
その後、渋谷「青い部屋」での イベント(通称ロリパブ)をきっかけに『黒色すみれ』が誕生。
宝箱の中の小さなお人形さんが奏でる音楽は、クラシック、シャンソン、日本歌曲や大正ロマンを基調としながらも 古びることのないもの。それらに敬意を持ちつつ自分なりの「宝物」を作っている。
素敵なもの、可愛いもの、綺麗なものにいつも囲まれて生きていたい。
そんな乙女の夢と憧れを一番強く抱いているのは彼女達かもしれない。
そして、それらが合わせ持つ恐さや残酷さも同じ位愛しているのである。
それが、唯一無二の存在と世界観を持つ
ロリータ・クラシック・ユニット黒色すみれ。
     

ぜひ!よろしくお願いします。

素晴らしいミュージシャンの方々に演奏していただけることを嬉しく思います!

7月のスケジュール。


◎2010.7.3(sat)
■ トルン(ベトナム竹琴)演奏会@シャノアール!

[open18:30
[1st]19:00 〜 
[2nd]20:30〜
※ノーチャージ(オーダー+投げ銭)

[出演]

■小栗久美子(Trung)



幼少より、母である由美子氏にピアノを習う。
13歳より、マリンバを北原千鳥氏に師事。
2000年3月よりベトナムでの短期滞在や1年間の留学を通し、ベトナム民族楽器トルンを学ぶ。
トルン演奏家のマイ・ライ氏、ドーロック氏、グエン・トゥ・トゥイ氏に師事。
・日本トルン協会 副理事
・神奈川県横浜市在住
・東京外国語大学ベトナム語学科 卒業
・東京外国語大学大学院地域文化研究科 修了

■森川拓哉(Vln)



■愛川聡(Guitar)



■立岩潤三(Per)


今回の小栗久美子さんトルンライヴはカルテットでお送り致します!

ノーチャージ御飲食代だけですのでお気軽にどうぞ!
今から愉しみなライブです。

金延幸子。

金延幸子/時にまかせて


曲目リスト

1. 時にまかせて (第2回全日本フォーク・ジャンボリー’70年8月8日 / 岐阜県椛の湖畔)
2. あかりが消えたら (ロック反乱祭’70年4月12日 / 文京公会堂) / 愚
3. ほしのでんせつ – Jazzy Version – (ロック反乱祭’70年4月12日 / 文京公会堂) / 愚
4. マリアンヌ (第4回メッセージ・コンサート’69年12月23日 / 共立講堂) / 愚
5. アリス – Short Version – (第4回メッセージ・コンサート’69年12月23日 / 共立講堂) / 愚
6. おまえのほしいのは何 – Alt. Version – (第2回全日本フォーク・ジャンボリー’70年8月8日 / 岐阜県椛の湖畔)
7. 雨あがり (第2回全日本フォーク・ジャンボリー’70年8月8日 / 岐阜県椛の湖畔)
8. ほしのでんせつ (第3回全日本フォーク・ジャンボリー’71年8月7日 / 岐阜県椛の湖畔)
9. あなたから遠くへ – Alt. Version – (第3回全日本フォーク・ジャンボリー’71年8月7日/岐阜県椛の湖畔)
10. おまえのほしいのは何 (第3回全日本フォーク・ジャンボリー’71年8月7日 / 岐阜県椛の湖畔)
11. あかりが消えたら / 愚
12. マリアンヌ / 愚
13. あくまのお話 / 秘密結社○○教団
14. アリス / 秘密結社○○教団

元五つの赤い風船の中川イサトも参加している「愚」「秘密結社○○教団」名義での音源が収録されているアルバムです。しかも、中津川フォークジャンボリーの音源まで!

どっかの中古レコード屋で半分捨て値みたいな値段で売っていたのを偶然見つけたんです。

彼女の実質的最初で最後のアルバム「み空」(細野晴臣プロデュース)と比べると、よりフォーク色が濃厚な作品という印象です。
楽曲によってはかなりサイケなものもあります。(アリスという曲は、関西のフォークシーンで活躍した真崎義博氏のLSD体験を元にした詞を、金延幸子が改変して歌ったものなんだとか。)

曇り空、少し湿気を帯びた、ちょうど今ぐらいの季節のような、
そんな歌声にすごく惹かれます。

金延幸子は、小沢健二がライブのSEか何かで流していたのをキッカケに、90年代初頭に少し話題になったりしましたね。そういえば。

6月のスケジュール。

◎6/20(日)
「鈴木常吉/三村京子」

start/19:30
charge/¥2500(1D 付き)


■三村京子
「J-POP」最盛期の98年頃、路上や地元のジャズ喫茶で自作曲を中心にフォークギター片手に歌い始める。
06年、off noteレーベルのツアーに参加し、船戸博史氏(ふちがみとふなと)と知遇を得る。
大学在学中に師事した阿部嘉昭氏(評論家)と歌作りのコラボを始め、08年、自主レーベル星犬舎より『東京では少女歌手なんて』を発売。
サウンドプロデュースは船戸博史氏で、アコースティックな音作り、フォーキーでありながらも立体的な歌の面白みを実現し、松山晋也氏に「残酷な少女歌手」と言わしめる。


■鈴木常吉
80年代にセメントミキサーズにボーカル/ギターで参加。1989年、伝説的バンド・オーディション番組TBS「イカ天」出場、3週勝ち抜き、注目を集める。90年、セメントミキサーズ 「笑う身体」でメジャーデビュー。プロデュースをブレイヴ・コンボのカール・フィンチが担当。その音楽性が高い評価を得るもアルバム1枚を残して解散。翌 91年、つれれこ社中にボーカル/アコーディオンで参加。97年、つれれこ社中、オフノートより「雲」をリリース。ビートたけし、高田渡、早川義夫、忌野清志郎らに絶賛される。2000年、つれれこ社中、活動休止。2006年、満を持して初ソロ作「ぜいご」をリリースする。同作品に収録されている「思ひ出」はTVドラマ「深夜食堂」の主題歌。
現在はソロを中心に、渋さ知らズにゲスト参加したりしている。


◎6/26(土)
「cinnabom+青芝和行/Kawol」
start/19:30 頃
charge/¥1500


■cinnabom[ちなぼん]
神奈川県生まれ。sugar plantのヴォーカル&ベース、
正山千夏のソロユニット。
ボサノヴァの手法を取り入れたオリジナルの弾き語りライブを2004年から開始。
2005年、MOOSEHILL、naomi& goroなどで活躍中の伊藤ゴローのプロデュースで
アルバム「inthe garden」(333 DISCS)をリリース。
1994年詩集「忘却セッケン」で第十回早稲田文学新人賞受賞。
ちなぼんぶろぐ  http://blog.livedoor.jp/cinnabom/


■青芝和行
1990年頃より東京モッズシーンを中心に活動。
バックドアメン、ソウル・ミッション、ブルー・ボンゴス等に参加。
レコーディングやライブセッション、訳詞など幅広い分野で活躍している。


■Kawol
10月7日生まれ。
初めて耳を傾けた「音楽」は短波ラジオを通して 聞こえて来たノイズの波。
12才でうたとギターを、14才で作曲を始める。
気がつけば「アラブ古典音楽とその楽器ウード研鑽の為」と称して1989年北アフリカはチュニジアに降り立ちそのまま1年程遊学。(それらを、彼の地の巨匠アリ・スリティ氏に 師事する機会を得る。)
いろいろな出合いの中で、スタジアム、 劇場でのコンサート、国営TV番組等に出演。
帰国後は様々なアーティスト達とのレコーディング、コンサート、TVラジオ等のメディア出演にギタリスト、 アレンジャー、作詞家として参加。 作曲家として映画のサウンドトラック等も手がける。
1997年、自身の活動の器としての 家内制手工業盤インディペンデントレーベル 「PLAKA for EARDRUM」を立ち上げ、 2000年には越智泰彦氏とユニット”KOOKS”結成。 2004年からは、 ギターと声を軸にしたソロライヴシリーズ “kawol`s harmonic motion”を展開している。


◎6/27(日)
「八木せつこ/畔上弘子(Chanson)」
Pf.豊倉香織
open/13:00
start/14:00

前売/¥2500 当日/¥3000

高田渡

高田渡/汽車が田舎を通るそのとき


1969年にリリースされた高田渡初の単独アルバム。

22歳の高田渡が、自分のすぐちかくにいるような気がします。

TOP