2010年 10月 の記事

祭りの準備。

何かある日の前日は、大抵なかなか寝付けなくてグダグダしていることが多いです。

結局、呑んでしまうのが常なのですが笑、今日はゆっくり休んで明日に備えようと思っています。

Now Playing:山口富士夫「錆びた扉」

京浜ロックの最後のステージを最前列で観ていました。

スタッフの肩をかりて、ステージに上がった山口富士夫。

ギターをかき鳴らしたあの瞬間、僕はといえばもう涙が止まらなくてどうしようもない状態でした。

出音一発で、これほどグッと心の一番隠しておきたい部分を鷲掴みにしてくるのか、この人は、と。

また観たいなあ。
観れるかなあ。

雨が止んで雲間から陽射しが覗いた京浜ロック、なんだか感慨深い一日だったことを今更ながら思い出したりしています。

先日は

「Au Cabaret-violet vol.2」にお越しいただいた皆様、
出演していただいたプチタペチの府馬さん、須藤さん。
SOZOROの吉原さん、笠原さん。

本当にありがとうございました。

第一弾は様々な人たちの、ほのかで温かい気遣いに溢れたイベントでした。

今回はまた違ったかたちの、本当に心温まる瞬間がたくさん溢れていました。

楽しかったですし、嬉しかったです。

またぜひ、港町横浜で演奏をよろしくお願い致します。

そして、とうとう明日!

◎2010.10.30(sat)
「越路よう子(From 越路姉妹)&ザ★エレガンツ リサイタル!!!~気がつけば野毛~」

[open]19:00
[1st set] 20:00〜
[2nd set] 21:00〜
[music charge]¥3000(+ order)

※ゲストあり!!!!


■越路よう子(唄)


■庸蔵(サックス)

■阿部樹一(ピアノ)

あいにくの天候ですが、京浜ロックのときのようにスーッと雨雲が飛んでいってしまうことを願って!

ご無沙汰しております。

ぜんぜん更新できずすみません
ついにシャノアールにカウンターがやってきました!

庭を眺めながら呑めます笑。

ただ、すこしスツールの調達に手間取っておりまして。すみません。

今のところ営業時間は19:00~26:00(L.O.25:30)となっております。
(ライブのあるに関しましては、24:00で閉店とさせていただいております。)

お休みはまだ変わらず日、月です。

ぜひおちかくにお越しの際は、ふらっと遊びにいらしてください!

そして、ライブスケジュールの欄にも記載しておりますが、今月土曜日怒濤のライブ!

◎2010.10.23(sat) new!!!!
「Au cabaret-violet vol.2」

[出演]petit appetit/SOZORO

[open]18:30 [start]19:30

[music charge]予約 2,500(+order) /当日 3,000(+order)

ご予約受付:Eメール chatnoir104@gmail.com まで、件名を「ライヴ予約10月23日分」とし、ご予約人数、お名前、ご連絡先住所、電話番号をご記入の上、ご送信下さい。
お問い合わせ:シャノアール Tel.:045-242-9784 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1 インペリアル横浜パークサイド104


■SOZORO/吉原伸(Vo,Gt) 笠原麻矢(Acc,fl)

雨、夜、酒、猫・・・シャンソン、タンゴ、ジャズ、フォーク・・・
そこは異国の安酒場か、はたまた懐かし喫茶店、それとも童話の町中へと旅させる不思議な世界。

2003年より活動をスタートし、阿佐ヶ谷のクラシック喫茶「ヴィオロン」等 都内のカフェ・バーを中心に活動をする。
2006年1stアルバム『なんていぢわる』、2007年2ndアルバム『ゴッホのタッチ』をハピネスレコードより発売。
また同年10月に鈴木慶一監修で発売されたあがた森魚デビュー35周年記念コンピレーションアルバム『赤色エレジーマニア』に参加。
2010年8月にはカルメン・マキとの共同企画「女が唄う男歌・男が唄う女歌」の第三夜目を行うなど、都内を中心に精力的に活動を行っている。

■petit appetit/府馬和歌子(Vo) 須藤信一郎(Pf)

府馬和歌子(Vo)
2000年から演奏活動を始める。 2000年,2002年,渡仏、語学留学。
2003年、渡仏。パリにて一年間シャンソンをMARC LIAMBO氏に師事。
同じくこの時パリでベリーダンスと出会いillina氏に師事。帰国後、ベリーダンスをChica氏に師事。
現在、東京都内を中心に活動中。東京オペラシティや千葉県文化会館等のホールでのコンサートも行なっている。レパートリーはシャンソン、フレンチポップス、フランス映画音楽、フレンチジャズ、ロック等幅 広く、詩の朗読やダンスを取り入れたステージ、また日本の曲をフランス語訳で歌う等もしている。


須藤 信一郎 (Pf)

6歳よりピアノを始める。
国立音楽大学ピアノ科卒業。An Music ジャズピアノ科卒業。
ピアノを稲川ミチ、進藤郁子、欠田芳憲に師事。
大学在学中にアコーディオン奏者の山岡秀明氏に出逢い感銘を受け、popular、Jazz等の音楽を始める。

卒業後、銀座のピアノバーや、アルゼンチンタンゴの老舗、六本木カンデラリアでハウスピアニストを経て、本格的にアルゼンチンタンゴのピアニストとし活動を始める。

2002年、東京ディズニーランドの専属音楽家として契約する。

現在はタンゴ界の重鎮、古橋ユキの共演者として活躍するなど、タンゴにとどまらずボーダーレスピアニストとして幅広い音楽をこなし、数々のレコーディングに参加。都内を中心に全国各地でライブやコンサートを行っている。

◎2010.10.30(sat)
「越路よう子(From 越路姉妹)&ザ★エレガンツ リサイタル!!!」

[open]19:00
[1st set] 20:00〜
[2nd set] 21:00〜
[music charge]¥3000(+ order)

※ゲストあり!!!!


■越路よう子(唄)


■庸蔵(サックス)

■阿部樹一(ピアノ)

今週土曜日は、petit appetit(プチタペチ)、SOZOROのツーマンライブです。

どこかジュリエットグレコやジェーンバーキンを彷彿とさせるシャンソン歌手、府馬和歌子。
アルゼンチンタンゴピアニストとして活躍中の須藤信一郎。

どこか、おとぎ話の世界に迷い込んでしまったような錯覚を覚える艶やかな歌声の吉原伸。それをより引き立てるアコーディオンの笠原麻矢。

実に楽しみな演奏会です!

ぜひ遊びにいらしてください。

そして、30日は第三回横濱公演の越路よう子とザ★エレガンツのリサイタル。

今回はゲストを迎え、さらにゴージャスな夜になりそうですよ!

どんなライブになるのか、今から楽しみです。

どうぞみなさんよろしくお願い致します。

TOP