2010年 12月 の記事

12/24(Fri)「あがた森魚と野毛山オールスターズ★ノゲークリスマスショー!!」

2010.12.24(Fri)
「あがた森魚&野毛山オールスターズ★ノゲークリスマスショー!!」

[開場] 18:30
[開演] 19:30
[料金] 前売¥3000 当日¥3500 (共に飲食代別)

[出演]
あがた森魚
越路よう子と野毛山オールスターズ


あがた森魚
1948年9月12日、北海道生まれ。1972年「赤色エレジー」でデビュー。
当時、アメリカのコンテンポラリーなフォーク・ロックやヒッピームーブメントなどに強い影響を受けながらも、その影響下に留まらず、 日本の大正や昭和のロマンティックな大衆文化を彷彿とさせる オリジナリティあふれる音楽世界を創り出していった。
デビューアルバム『乙女の儚夢』以降、『噫無情』『日本少年』『永遠の遠国』と、 あがた森魚世界観をはらんだアルバムを発表しながら70年代を駆け抜けた。
80年代にはヴァージンVSを結成しA児と名乗り「星空サイクリング」などを発表、 87年には当時のタンゴ・ブームとも折り合った『バンドネオンの豹』を発表、 ワールドミュージックへと視野を広げ、 90年代初頭には、雷蔵を結成しアルバムをリリース。
プラネタリウムでのコンサート「プラネッツ・アーベント」などのさまざまな企画ライヴ、 映画製作や文筆活動等々多岐にわたりながらオリジナルアルバムを次々とリリース。
21世紀にはいり、初のベスト盤『20世紀漂流記』、 久保田麻琴、鈴木惣一朗、HARCOらの才能とともに、 『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』を発表。
2003年、田中泯(舞踏)とのコラボレート「架空」公演を新しく試み好評を得る。
また、NHK教育番組「バケルノ小学校」のオープニングテーマを歌い、
小学生までファン層が広がった。
2004年には、あがた森魚自身のセレクトによるベストアルバム『星繁き牢獄の提督たちへ』、 サウンドプロデュースに青柳拓次(リトルクリーチャーズ)を迎えた、 サント・ドミンゴ(ドミニカ共和国)レコーディングのオリジナルアルバム『ギネオベルデ(青いバナナ)』をリリース。
デビュー35年となる2007年、9月には久保田麻琴プロデュースによるオリジナルアルバム 『タルホロジー』リリース。ヴァージンVS、コロムビア3部作が紙ジャケットリイシュ-リリース。
2008年、60歳を迎えライヴツアー「惑星漂流60周年!」を全国各地で展開、
2009年2月22日、一大記念イベント『Zipang Boyz號の一夜』を開催。
2009年10月ドキュメンタリー映画『あがた森魚ややデラックス』完成、 渋谷シアターN 渋谷より劇場公開開始(全国順次公開)、 『Zipang Boyz號の一夜』完全収録盤が3枚組でリリース。
月刊日記映画を毎月制作、上映会も行い、ライヴも全国で展開、
ひきつづき意欲的な活動が続いている。

映画音楽プロデュースには『夢みるように眠りたい』(86)『港のロキシー』(99) 『闇を掘る』(01)『オー・ド・ヴィ』(03)(篠原哲雄監督作品)などがある。


■越路よう子(From 越路姉妹)
横浜は野毛でスナック吹雪を経営。越路家の長女であり、幼少の頃は和子と雪路のおしめを替えていた。きわめて心優しい女なのである。
酒焼けしたその声と黒人並みの肌の色は、季節感を全く感じさせない。
「唄と笑いの花束を」を合い言葉に全国に愛の花束を届けている。


■野毛山オールスターズ
越路よう子を中心として、毎回メンバーが変わる変則的なユニットである。
横浜初公演を野毛喫茶みなとにて行う。今回が第二回目の公演となる。

なんとクリスマスイヴに、あがた森魚と野毛オールスターズのコンサート!

ぜひぜひ遊びにいらしてください〜!!

たのしみです

[チケットのご予約]

件名に「12/24野毛クリスマスショー」とお書きの上、お名前・人数・ご連絡先をそえてinquiry@chatnoir-live.comまで!!

空気公団「LIVE春愁秋思」予約完売のお知らせ。

先日HPでお伝えしました空気公団「LIVE春愁秋思」予約枚数が完売しましたことをお知らせ致します。

ただいまの時点でメッセージを送って頂いた方はすべてこちらでお受けしました。

お返事を順番にお送りしておりますので何卒よろしくお願い致します。

当日券の販売につきましてはまたこちらでお知らせ致します。

取り急ぎ、失礼致します。

Chat Noir

TOP