2013年 1月 の記事

木村充揮シャノアールライブ第二弾決定!!!!!!

■2013.4.15(月)
『木村充揮 春の独演会~Chanson d’printemps~』

*開場 : 19:00/開演20:00
*前売¥4,000/当日¥4,500 (共に飲食代別途)
*チケット発売:E-mail→ inquiry@chatnoir-live.comまで、件名を「ライヴ予約 木村充揮」とし、 ご予約人数、お名前、電話番号をご記入の上、ご送信下さい。

お問い合わせ:シャノアール Tel.:045-242-9784(18:00~22:00)

神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1インペリアル横浜パークサイド104

[出演]

■木村充揮(Vo,Gt)
木村充揮は20数年間、ブルースバンド「憂歌団」のリードヴォーカルとして絶大な人気を誇ってきた。70年、80年、90年、そして21世紀に入っても大阪を代表する者としてメジャー・シーンを歩んできており、その“天使のダミ声”とも言える声の魅力、独特の歌いまわし、ブルース・フィーリングは、他の追随を許さないところである。本人によると、小学校の頃からほとんど声変わりをしていないとのことで、ひょっとするとこれこそは神が与えたもうた『天使の声』かもしれない。 メディアで伝えられている木村充揮の表面的な顔としては、「大阪・生野の住人」(大阪の顔)「ブルース一筋」「おもろい奴」などがあるが、これは憂歌団のフロントマンとしてのイメージである。その他、「最高のヴォーカリスト」(30数年間のキャリアを持つ木村充揮を、日本最高のヴォーカリストと評価する音楽関係者、ミュージシャンは多いと共に、歌詞の意味・理論を越えて、聴衆を音楽空間に導く才能を持つ)等があるが、その木村充揮の才能の全面開花を期待する声はますます高まってきている。そのフィジカルな天分、すなわち「声」から“最高のロック・ヴォーカリストへ”ニュー・ポップ・ヴォーカリストとして”はたまた“アジアのブルースへ”などの進路もあり、“まったく新しいタイプのシンガー”としての今後の方向性もみえている。例えば、東洋の愛を表現する日本のボブ・マーリーであり、ロック、ポップ、ブルースにとどまらず演歌、流行歌、ジャズ、民俗音楽にいたるまであらゆるカテゴリーを包括したボーダー・レスなシンガーという存在であり、現在に至るまで音楽への飽くなき挑戦はとどまるところを知らす、音楽ファンを魅了し続けている。

1/28(月)、1/29(火)は『bar聡子』です。

店長オオニシ不在のため、2日間柴田さんにお世話になります。
皆さん遊びにいらしてくださいね!どうぞ宜しくお願い致します。
18:00~24:00の営業です。
しかしこの間の都市レコードさんとの演奏、本当に素敵でした!

ライブのない日はbar営業なシャノアールです。

日ノ出町駅の改札を出て、右手に進み階段を下り、スリーエフの横のトンネル通路をくぐり更に隣のマンションのトンネル通路を進みます。
不安になり始めた頃に、右手のマンション吹き抜け部分に現れます。

通常、毎日日替わりのお通しをお出ししています。(軽食も、各種取り揃えてます。)
お通しが必要でない方はお気軽にお申し付けくださいね。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

■2013.2.23『王舟、ランタンパレード、cinnabomn+arata』出演決定!!!!!

■2013.2.23(土)

『Au Cabaret violet vol.3』
19:00open 19:30start
[料金] 前売¥2000 当日¥2500(共に1d別途)
[出演]王舟,ランタンパレード,cinnabom+arata
[チケット予約]E-mail→ inquiry@chatnoir-live.comまで、件名を「2/23 ライヴ予約 」とし、 ご予約人数、お名前、電話番号をご記入の上、ご送信下さい。

[会場]シャノアール Tel.:045-242-9784(18:00~22:00) 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-76-1インペリアル横浜パークサイド104


王舟(Vo,Gt)
2009年までバンド AMAZON でベース、ヴォーカルを担当したのち脱退。以降ソロ活動、及び muffin のサポートバンドにギタリストとして加入。
2010年、七針の主催のレーベル「鳥獣虫魚」よりCDR作品「賛成」&「Thailand」をリリース。「Thailand」の録音には岸田佳也(トクマルシューゴ、スッパバンド), フジワラサトシ, mmm, oono yuuki,本田琢也, Hashiratani(マリア・ハト)らが参加した。
2011年3月にシャムキャッツのシングル「渚」リリースツアーに同行後、下北沢モナレコードにてキセルと2マン企画に出演。6月にはトクマルシューゴ主催の「Tonofon Festival 2011」に出演する。また自身の音源作品以外に、福原希己江「のろのらのらねこ」、hara kazutoshi「楽しい暮らし」の録音&ミックス&マスターリングも参加している。


■ランタンパレード(Vo,Gt)
煩雑な生活の諸々が波のように押し寄せるぼくらの毎日。それらは砕け散り、日々の泡となってぼくらを包む。そんな風景のなかを漂うランタン・パレードの調べ。2004年のアルバム・デビュー以来、硬い石に言葉を刻み込むようにして、黙々と音を紡ぎ続けて来たランタン・パレードこと清水民尋。浮ついたところのない彼の硬派なメロウネスに、ぼくは惚れている。優しくこぼれ落ちるピアノの音は、だれかの涙のように切実だ。ハードコア・パンク出身の彼のそんな風情にシンパシーを持ってくれるひとたちが、全国にゆっくりと増えて来ている。そのことがすごく嬉しい。ランタン・パレードの音楽。そこには、いつものぼくたちの気持ちが、想像もつかない色を付けられて、いっぱい転がっている。都市の新しい音楽。スウィート・ソウル・ミュージック。
(text by 曽我部恵一)


■cinnabom(Vo,Gt)+atara(Gt)
神奈川県生まれ。2008年、約4年ぶりに復活したバンドsugar plantのヴォーカル&ベース。また2003年からはソロユニット”cinnabom[ちなぼん]”としても活動中!1994年 詩集「忘却セッケン」で第十回早稲田文学新人賞。

シャノアール1月の予定(遅れてスミマセン….)

8日(火)シャノアール通常営業
9日(水)シャノアール通常営業
10日(木)シャノアール通常営業
11日(金)シャノアール通常営業
12日(土)シャノアール通常営業
13日(日)『KOJI 投げ銭ライブ』(19:00~ 料金:投げ銭(+order))
14日(月)『bar 聡子』(18:00~24:00 )
15日(火)シャノアール通常営業
16日(水)『ゆうこのシャンソンナイト』(18:30~ charge¥2000(+ order))
17日(木)シャノアール通常営業
18日(金)シャノアール通常営業
19日(土)シャノアール通常営業
20日(日)『新春歌謡ジャズショウ』(18:00~ [出演]:今野朝美とブルーライツ charge¥1500(1d付き))
21日(月)『bar聡子』(18:00~24:00)
22日(火)お休み(オオニシ、野毛サムズバーにてライブのため)
23日(水)シャノアール通常営業
24日(木)シャノアール通常営業
25日(金)『KooKS単独演奏会』(20:00~ charge¥1500(+ order))
26日(土)『都市レコード独演会 シングオアダイ!!!!!』(19:00~ 前¥2000 当¥2500 (共に1d別途) スペシャルゲスト柴田聡子)
27日(日)お休み
28日(月)シャノアール通常営業
29日(火)シャノアール通常営業
30日(水)シャノアール通常営業
31日(木)シャノアール通常営業

皆様本年も何卒宜しくお願い致します。

TOP